yummy!タナベ ユミコ News & Diary

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
秋の島もよう(その4) 15:39


ずっと憧れていたケラマブルー。
台風の影響で海が大時化だったので、
行くかは沖縄に行ってから決めよう。
…と思っていたら無事見る事ができました。






波は予想以上に大荒れで若干船酔いしましたが…。



泊港から約70分。
無事に渡嘉敷島へ到着。
復路は高速船で35分。



本州から少し離れただけで、
この海の色!
「限りない透明に近いブルー」とは
この事なのかしら?





本物のケラマブルーは
予想以上に美し過ぎて、
写真ではこの感動は伝わりません。



到着したら早速シュノーケリング。
ギリギリ泳げる温度でした。
無人島、シブがき島の近くのポイントは
きれいな魚やさんごがたくさん!
海の中は絵にも描けない美しさ。



シブがき島にはシブがき隊解散記念に
3人の銅像が建てられていたらしいけど、
今は誰が誰だか跡形もない姿に…。
黄色っぽいの(フッ君?)だけ
肉眼で確認できました。







たくさん泳いだ後はビールとソーキそば。
店内でロシア人の編集者さんと
知り合いました。





お店の前にはネコ店長が鎮座しています。









食後はビーチでひたすらぼんやりしていたら…。



欧米人のご夫婦が昼寝。
…ん?!よく見ると…。



ご婦人、トップレスで
豊満なおっぱいが丸見えでした。
一気に海外リゾート気分に。





街をぶらぶらしたけど、何もなくて
そこがすごくよかったです。
時間の許す限りぼんやりとたそがれていました。

シーズンオフだったせいか、
ビーチも街にも海も全然人がいなくて、
独り占めしたような気分。
ただ青い色に圧倒されるひとときでした。



沖縄に行くたびにいつも思うのは、
「ここにいる時の私は息をするのが楽。」
東京に帰ってから
なぜか人酔いしてしまうので、
しばらく都会(特に渋谷、新宿)には
用事がない限り近寄らないかも。
まあ、仕方がない。

とはいえ旅の当初の目的はリフレッシュ。
達成できて何より。













 
| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
秋の島もよう(その3) 13:16


「浜比嘉島に行くのはどうかな?」
尚美さんから島の名前を聞いて早速ガイドブックで調べても
全然載ってない!
どこにあるんだろう?と連れて行かれるままに
海中道路を渡って浜比嘉島へ到着。
途中で寄り道した「うるまジェラート」で
島とうがらし味を堪能。





そこはびっくりするほど穏やかで
人が全然いない美しい島でした。
写真はアマミキヨの墓。
「お邪魔します。」と思わず手を合わせる。





シーサイドガーデン浜比嘉へ到着。
ここはキャンプ場フットサル施設を完備。
300円払うとおじさんが遺跡ガイドを
丁寧にしてくれ、
300円分の飲食ができる。
儲けが全然ないよくわからないシステム!



おじさんのガイドで
ミルク門とカガミ岩を見学。
ここは沖縄の祖先と言われる神様が
子供を産み暮らしたと言われる地。
カガミ岩にはその様子の模様が
浮き出ていました。



奥の岩、よく見ると龍と亀の顔を
しています。



あまりにも神聖な空気に
手を合わさずにはいられませんでした。
うまく言葉に言えませんが、
確実に見えない何かに見られている
不思議な感覚。

おじさんのガイドはとても面白くて、
(かなりきわどい下ネタもあったけど…。)
思わず聞き入ってしまいました。
最後におじさんに
「ここへ来た人はみんな元気になるからね。」
とニッコリ笑って言われ、
感動して涙がこみ上げてくる。

その後、シルミチューに行きましたが、
こちらも神聖な雰囲気過ぎて
とても写真を撮る気持ちになれず。



おじさん手作りの展望台に登る。



ここはお祈りの場で
神様の通り道だそう。





眺めは最高で清々しく
尋常じゃないほど気持ちよかったです。





シーサイドガーデンのおばさん手作りの
ホットぜんざいを食べたり、
もずくコロッケを食べたり、
あっと言う間に浜比嘉島時間が終了。

ガイドブックにほとんど載っていないのも納得。
ここは神様が確実に静かに暮らしていて、
沖縄の人達が大切にしている
宝物のような小さなキラキラした島。
観光客にやたらと来て欲しくない
守られている島なんだと感じました。

尚美さんに「ここに連れて来たかったの。」と言われ、
「ここに連れて来てくれてありがとう。」と
ただただ感謝。
疲れていた心と身体がゆっくりじんわり
ほぐされている感覚がありました。

この島に呼んでもらえた自分は
なんて幸運なんだろう!

沖縄でまた一つ、
大切な人にしか教えたくない
宝物みたいな場所が増えました。

| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
秋の島もよう(その2) 12:11


お友達のイラストレーター、尚美さんのカフェ『cafe ionca』へ
一年ぶりの再訪。
また会えて嬉しー!!と、
ハグで再会を喜びあいました。





尚美さんの息子O君作の看板。



相変わらずのオシャレで素敵空間です。











スウェーデンのmateusという陶器類。
去年ここで見て私も買ってしまいました。



発酵食材などが並ぶ。





ローピザプレートとおにぎりを頂きました。
すごく美味しくて、じっくり味わってしまう。
私は食には特にこだわりはないけど、
「身体にいいもの」でも「身体に悪いもの」でも、
美味しいものは何でも好き。







店内の至る所にさりげない言葉。







スタッフの皆さんがフラを踊ってくれました。
見ているうちに嬉しくなってしまい、
私も見よう見まねで参加。
ただただ嬉しい楽しいひとときでした。

のんびりカフェで過ごした後は、
尚美さんガイドで浜比嘉島へ。











| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
秋の島もよう(その1) 17:58
今年も沖縄に遊びに行って来ました。
日程中は台風直撃の予報でしたが、
日本をきれいにそれて回避!
ずっと晴れっぱなし!!
晴れ女パワーを見事に発揮しました。



今回の旅の目的は友達のカフェ再訪と
リフレッシュ。
というわけで、観光地には一切行かずに
まずは南部の「ガンガラーの谷」へ。



入り口にあるcave cafe。
鍾乳洞内に作られていて神秘的。



森の中へ探検ツアーに参加。



内地にはない巨竹。
かぐや姫がいそう。







地元の人がお祈りに来る洞窟。



洞窟内は入ることはできませんが…。



中には女性のおっぱいとお尻の形の岩が。



少し先にある洞窟へ。





こちらはランプを持って中へ。



暗闇をぐんぐん進んだ先には…。



子宝祈願の神様がいらっしゃいました。



不思議な雰囲気の洞窟です。



葉っぱがキラキラ光ってる!
光ってるもの、あれは…。



恐怖!カメムシの群れ!!



森の大主に遭遇。
それはそれは立派なガジュマルで圧倒!!
ものすごくしぶい声で
「よく来たな。」と言われてる錯覚に
陥りました。
ちなみにガジュマルは本当に歩くそうです。





思わず触ってみる。



ツリーテラスで小休止。
森の眺めは最高でした。



沖縄の祖先と言われる「港川人」の
お墓が発見された洞窟には
おはなし会ができそうな空間が。
ここで妖怪やおばけの絵本を
読みたいです。



こちらが港川人。
ワイルドなお顔立ち。



私も港川人になりきってみる。
こういうボーダー男子、
知り合いにいた気がする!

沖縄の森の中は
植物が全てワイルドでエネルギーが
溢れておりました。
たくさんの緑色や模様を見て
気分爽快な一日でした。

明日は旅の目的、
友達のカフェと浜比嘉島へ!










| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
再び、島もよう その2 20:43


早起きして沖縄在住の尚美さんと
斎場御嶽へ。
ドラマにもなった小説『テンペスト』にハマった時に気になっていた場所。
パワースポットだけあり
森の中はひたすら神聖な空気が漂っていました。
なぜか何となく誰かに見られてるような気分になり、
「もしやキジムナー?」
「もしやコダマ?」
と、何度も振り返ってしまいました。



予定していた久高島行きのフェリーを
急遽一つ早い便に変更したら、
偶然尚美さんの友人家族にバッタリ?
ご家族は久高島の有名なノロ(巫女さん)であり、ガイドであるNさんに案内してもらうそうで、
運良くお相伴させてもらう事に。

Nさんのガイドは大人気で一年半待ちも
当たり前だそうなので、
私達はものすごく幸運だったそうな!



フェリーで約20分程で久高島に到着。
友人家族のRくんは三線の天才少年で、
沖縄の某有名ミュージシャン達と
セッションする腕前。
その、ジミヘン並みの超絶テクニックに
島のおじいもビックリしていました。



Nさんの車に揺られて島を一周。
何気ない空き地にも伝説があったり、
自分だけで行ったらわからなかった
島の歴史や人々の営みを教わりました。












Rくんがカベール岬で三線を弾き、
それに合わせてNさんが自然や動物に
歌うように呼びかける。
するとあら不思議!
カモメや海亀が次々と寄って来ました。

何だかわからないけど、すごい光景?



久高島は沖縄の神様の伝説がある、
とても神聖でひっそりとある
まるで宝石の塊のような島。
男性を大切にする女性の想いがある島。
沖縄の小さな島の片隅で、
自然や動物をこんなに純粋に大切にする島があったんだ!
と思ったら、思わず目頭が熱くなりました。


帰り際、Nさんになぜか
「あなた、沖縄の人?」と
間違えられたのが気になるけど…、
またここに還って来たい!と思わずにいられない
素敵な島体験でした。



しかし、海の青が眩しすぎる…。






| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
再び、島もよう 20:13


友人のイラストレーター尚美さんが
沖縄でカフェを開いたので、
遊びに行って来ました。

沖縄に移住してしまった時は正直寂しかったけど、
離れていても同じ日本。
縁があれば再会できるもの。
元気にまた会えて本当に嬉しかったです。



『cafe ionca』
http://www.cafe-ionca.com/

アイヌ語で「発酵」を意味する店名通り、
発酵食やローフードを中心としたメニューが揃っています。


カレープレート



スイーツも絶品。チーズケーキをおまけしてもらいました。



店内は尚美さんのセンス満載の
お洒落な雰囲気。
東京の頃のお家と変わってなくて懐かしい。。。










スウェーデンのmateusという器類。
可愛くて私も欲しくなりました。



こびともひっそりいる。



マロ君という新しい家族もいました。



首里の少し先の住宅街にひっそりある
のんびりしたカフェ。
沖縄にいるのを忘れてひたすらのんびりしてしまいました。

旦那さんのノブさんに
「わ、東京の人!」とビックリされたり、
息子のO君へのお土産「怪傑ゾロリ」グッズを渡したら、
O君がメチャメチャ喜んでくれたり、
(小学生のゾロリ人気、恐るべし…。)
楽しい沖縄旅でした。

明日は尚美さんと一緒に久高島に行くのだ!

| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
島もよう 18:29


伊豆大島にトレッキングに行って来ました。
当初は朝のジェット船で行く予定でしたが、
前日に宿の主人から「海が大シケで明日は多分欠航だよ。」という連絡が。
急遽急いで旅仕度して前日の夜行船に
飛び乗ってしまいました。
勢いって大事!
船から見る夜景はとてもロマンチックで、
旅に出るワクワク感が止まりませんでした。



早朝6時に伊豆大島に到着。
御神火温泉でリフレッシュした後、
レンタカーを借りて三原山へ。



一面荒野!まるでカウボーイになった気分に。
馬がいたら乗って駆け回りたい!


火山口のお鉢巡り。
楽しい登山の予定でしたが、
この日は尋常じゃない恐怖で、
何度も吹き飛ばされそうに…!
まさに強風恐怖体験でした。

ちなみに、ここの火山口には
ゴジラが冬眠しているそう。



パワースポット?の筆島。
何か新しい事を始める時
訪れるとよいそう。





一日目の宿は「島京梵天」。
http://www.tokyovoneten.com/voneten/Welcome.html
古民家を一日一組限定で貸してくれて、
もう本当に素敵すぎる宿でした!!
ぜひ行ってほしい!!!
夜は宿の親子とUNOで大盛り上がり。
5歳児と真剣勝負をしました。



朝食はたい焼きモーニング。
中身は玄米リゾット。
どれも美味!
今度は夏に行きたい!



翌日は「伊豆の踊り子」の舞台である
波浮を散歩したり、


あんこ娘さん達の踊りを観たり、



月の砂漠をひたすら歩いたり、





ドライブの途中で巨大バームクーヘンを見たり、



島に大繁殖するキョンを見たり、



リスを愛でたりしました。



港近くのゲストハウスでもう一泊し、
東京島から東京への帰路に経つ。



大島から見える富士山は
メチャメチャかっこよかったです。



お土産にこけし椿油を購入。
昭和から変わらないデザインなのか、
レトロで可愛すぎ!

都内とは思えないほどのんびりで、
コンビニが一軒もなくて、
車も全然通ってなくて、
何より人がみんな親切。

島ならではの独特な不思議な空気が
漂っている。
でもそれは、何とも心地よい空気。

島トレッキング、しばらくハマりそうです。










| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
| 1/1 |