yummy!タナベ ユミコ News & Diary

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
切り絵へのプロセス 21:13
先日の展示で切り絵のプロセスを
紹介しました。
私はスタンダードな切り絵を製作していますが、
手法は独自のものです。
せっかくなのでこちらでも。



1.今回は昭和のドロボウを製作。
(装画塾展ネタ。)
まずPC上でイラストを描く。
ソフトはIllustratorを使用。
これを型紙にします。


2.使用道具:カッター、はさみ、のり各種。
どこにでも売っているもの。


3.紙を選ぶ。
大体一色につき3-4枚の紙を選び、
全体のバランスを見ながら配色。
日頃から様々なテクスチャーの紙を
色別に20段位の棚にストックし、
パレットのように使用しています。
この紙選びが一番楽しい作業。


4.紙が決定したら、絵をあてて
エンボスペンで跡をつける。
普通はカーボン紙やトレペで写しますが、
鉛筆の汚れをつけたくないので。
目を酷使しますが、ここは仕上がり優先。


5.紙を切る。
形に合わせてはさみとカッターを使い分け。
力を入れず、リズミカルに。


6.パーツを全て切り終わったら、
全体のバランスを見て並べる。
ここで微調整したり切り直したり。
息や風でパーツをよく飛ばすので、
マスクを必ず装着。


7.のりでパーツを貼る。
細かいパーツはスティックのりの上にのせ、
カッターの刃先で慎重に貼っています。
のりのカスやゴミがついたら、
カッターで削る。


7.完成。
模様や目まで紙を切ってますが、
その時によって色鉛筆と綿棒で
頬紅や目を描きます。
あと、模様の紙は千代紙や包装紙で
気に入ったものがない時は、
PCで自分で模様を作っています。


特に切り絵作業が集中している期間は
よくネイルをしています。
なぜなら、爪の長さがないと
切り絵の細かいパーツを拾えないから。
しかも集中してる時に爪がきれいだと
テンションも上がる!
女子の身だしなみにもなり、一石三鳥!




| 切り絵作品 | - | - | posted by yummy! - -
個展の顔 11:21


昨年の個展のDMに使用した「人魚姫」。
自分の作品の中では珍しく大人っぽくて悲しいシーンです。

楽しい空間にしたいと思いつつも、
なぜかどうしてもこの切り絵をDMに
使いたかったのには、
自分の中である意味決意表明があったのかもしれません。

「人魚姫」はとてもせつなくて悲しいお話なので、
人魚姫の事を不幸で不器用だと思う人は
たくさんいると思いますし、
こんな可哀想な話を子どもには聞かせたくないという
大人もたくさんいると思います。
実際に、今はアンデルセンの「人魚姫」より
「リトルマーメイド」の方が主流になりつつありますし。
(「リトルマーメイド」はそれは絵に描いたような
素晴らしいハッピーエンドで、このお話も素敵ですが。)

でも、幼い頃私はこのお話を読んだ時、
人魚姫は泡になってとても幸せなんだと
なぜか感じました。

それは幼いながらにも、
「人魚姫は愛する人と結ばれなくても、
この人を幸せにしたいという心と
それを貫く自尊心を失わないから。」と
人間にしかない複雑でも大切な事を
感じていたからなのだと思います。

長い人生は山あり谷ありで、
嬉しくて楽しい事がある分
苦しくて悲しい事もたくさんあります。
悲しい事に引きずられる事は
とても簡単だし楽だけれど、
私にはそんな時こそ切り絵があるのは
かけがえのない自分の糧。

「自分の中にある悲しみや苦しみを
暖かくて喜ばしいものに変換させてみせる。」
という自尊心をずっと持ちたくて
この作品を個展のDMにしました。

報われる、報われないは抜きにして、
私はこれからも自分の作品と自分自身を大切にして、
自分を大切にしてくれる人達を守っていきたいです。

人魚姫の自尊心を見習って。


| 切り絵作品 | - | - | posted by yummy! - -
幸せは拡大していく。 01:54
昨年リニューアルしたHPの更新作業、

新しいオリジナルの作品や仕事用の作品の画像がたくさんあって
整理や作業が滞っておりますが、
少しずつブログでも作品を紹介していきたいと思います。

一昨年にじ画廊で開催したグループ展、『カフェにまつわるショートストーリー』では、
こんなお話を製作しました。

『旅に出た黒猫』







1.『黒猫、旅に出る』

 黒猫は左前足だけが白い事が昔からコンプレックス。
しかも、なめるとなぜかほんのり甘い。
自分にはなぜこんな白い模様があるのかを知りたくて、
黒猫はあてもなく旅に出る事にしました。






2.『コピ・ルアックの作り方』

 あてもなく飛行機に乗ってたどり着いたその先は地球の裏側。
大好きなコーヒーを作っているコーヒー農園では、
ジャコウネコ達が一生懸命コーヒーを作っていました。
 「美味しいけれど、この琥珀色は僕の黒い色。違うなあ。」

 ★コピ・ルアック…ジャコウネコがコーヒーの実を食べたその糞で
焙煎される最高級コーヒー。

映画『かもめ食堂』ではコーヒーが美味しくなるおまじない。





3.『秘密のハーブティー』

 もぐらに導かれて地下にもぐっていった先では
魔女がいろんなハーブを調合して
惚れ薬のハーブティーを作っていました。
白猫はいつか出会う運命のネコを夢見て
ハーブティーに興味津々です。
「なぜだかわからないけど、運命のネコはすごく近くにいる気がするの。」





4.『うれしい時間』

 地球の裏側からヨーロッパへ、いろんな国を旅してきた黒猫。
そんなある日、自分の白い模様によく似た色のネコに出会います。
その隣では恋人達が幸せそうにお茶の時間を過ごしています。

 そう、幸せは拡大していくもの。







5.『合奏は楽しい』

 黒猫は白猫に出会った瞬間、ほんのり甘い気持ちになりました。
それは、自分の前足をなめた味にそっくりでした。
 黒猫と白猫は出会えた奇跡が嬉しくて、
お互いの仲間を呼んで合奏をしました。
その音色は心が踊るような楽しい音色で、
聴いている誰もが嬉しくなるものです。







6.『コーヒーネコが生まれたよ』

 黒猫と白猫は家族になりました。
2匹の間に生まれた子猫達はとても可愛いカフェオレ色の猫。
カフェオレのように甘くて優しい、温かい、
そんな時間が家族の中でいつまでも過ぎていくのでした。


グループ展の打ち合わせの時にでたテーマ

「左前足が白い黒猫が主役のカフェストーリーを作って下さい。」に
とても頭を抱えましたが、せっかくなら普段は描かない
とても甘くて幸せなラブストーリーにしたいと思いました。

コーヒーのようにせつなくてほろ苦い恋ももちろんありですが、
自分が描くフィクションの世界は、見ている人が温かくて幸せな気持ちになれるような、
優しい空気感にしていきたいです。



「幸せは拡大していく」。

自分が幸せな気分でいられるようにどんな状況に置かれても
余裕を持って日々を過ごしていれば、
自分の周りも幸せな気分になっていくし、
それはどんどん熱伝導のようにじわじわ伝わっていくのだと
私は思います。


黒猫と白猫の幸せや優しさがどんどん拡大して、
私の作品を気に入ってくれた皆さんに
じわじわと幸せや優しさが拡大していきますように…。











 

 



JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 切り絵作品 | - | - | posted by yummy! - -
| 1/1 |