yummy!タナベ ユミコ News & Diary

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ラオス紀行(まとめ) 20:34
JUGEMテーマ:旅行
 

のんびり更新していたラオタイムブログ。
帰国後、私はすっかりラオスの虜になってしまいました。
それはまるで、初めてキャンプを体験する子供のように
衝撃体験が多かったからなのでしょう。

そもそも、ラオス行きは数年前から誘われていたのだけど、
ずっとタイミングが合わなかったり考えすぎて躊躇していました。
それが今回なぜ行く事になったのかというと、
いろんなタイミングが合った事以上に、
今年に入ってから家族や人とのつながり、大きく言えば自然とのつながりについて
ものすごく考えさせられる大きな出来事があったからでした。

私は無宗教で信仰心のない人間ですが、
死ぬ時は仏前でお経を唱えられてお墓に入るのだから、
ざっくりくくるとほとんどの日本人と同じ仏教なのでしょう。
その、仏教を深く信仰する同じアジアのラオス人に
人とのつながりとは何かを教えてもらい一心で、
そして、自分のできる「切り絵」という能力で
少しでも現地のみなさんにお役に立てるならという一心で、
お仕事という名目でこの旅を決意しました。

ラオスは世界の中でも最も貧しい国の一つです。
でも、ここの人達はみんな、なんとも大らかで穏やかで、
日本人と同様にシャイだけど親切で、
とても幸せそうに笑っている。
何とかなるさ!と笑っている。

それは、きっと、お金はなくても、心が豊かで、
家族や友達のつながりを大切にし、他人とのつながりも大切にし、
動物も自然も大切にする事が当たり前だからなのではないかと思います。

東京にいると、「忙しい」という言葉を免罪符のように使う事が
当たり前になってしまいます。
でも、それはとてもかっこ悪くて恥ずかしい事なんだと気づかされました。

観光もあまりできなくて、上司に気を使って緊張しっぱなしだったけど、
みんな優しくしてくれたので本当に行ってよかったと思える、
人見知りでビビりの自分の殻を少し打ち破ったと思える旅でした。
今度は仕事ではなくて、観光でのんびりラオタイムしに行くぞ!
のんびりビールを飲んで思い切りゴロゴロしに行くぞ!
と、新しい野望を抱いております。

ラオタイム人間になるために、決して「忙しい」と言わないように気をつけようっと。

最後に、ここで仲良くしてくれたラオスのみなさんへ
ブログを読んで下さった貴重なみなさんへ

コープチャイ!(ありがとう)

| ラオス紀行 | - | - | posted by yummy! - -
<< NEW | TOP | OLD>>