yummy!タナベ ユミコ News & Diary

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
秋の島もよう(その3) 13:16


「浜比嘉島に行くのはどうかな?」
尚美さんから島の名前を聞いて早速ガイドブックで調べても
全然載ってない!
どこにあるんだろう?と連れて行かれるままに
海中道路を渡って浜比嘉島へ到着。
途中で寄り道した「うるまジェラート」で
島とうがらし味を堪能。





そこはびっくりするほど穏やかで
人が全然いない美しい島でした。
写真はアマミキヨの墓。
「お邪魔します。」と思わず手を合わせる。





シーサイドガーデン浜比嘉へ到着。
ここはキャンプ場フットサル施設を完備。
300円払うとおじさんが遺跡ガイドを
丁寧にしてくれ、
300円分の飲食ができる。
儲けが全然ないよくわからないシステム!



おじさんのガイドで
ミルク門とカガミ岩を見学。
ここは沖縄の祖先と言われる神様が
子供を産み暮らしたと言われる地。
カガミ岩にはその様子の模様が
浮き出ていました。



奥の岩、よく見ると龍と亀の顔を
しています。



あまりにも神聖な空気に
手を合わさずにはいられませんでした。
うまく言葉に言えませんが、
確実に見えない何かに見られている
不思議な感覚。

おじさんのガイドはとても面白くて、
(かなりきわどい下ネタもあったけど…。)
思わず聞き入ってしまいました。
最後におじさんに
「ここへ来た人はみんな元気になるからね。」
とニッコリ笑って言われ、
感動して涙がこみ上げてくる。

その後、シルミチューに行きましたが、
こちらも神聖な雰囲気過ぎて
とても写真を撮る気持ちになれず。



おじさん手作りの展望台に登る。



ここはお祈りの場で
神様の通り道だそう。





眺めは最高で清々しく
尋常じゃないほど気持ちよかったです。





シーサイドガーデンのおばさん手作りの
ホットぜんざいを食べたり、
もずくコロッケを食べたり、
あっと言う間に浜比嘉島時間が終了。

ガイドブックにほとんど載っていないのも納得。
ここは神様が確実に静かに暮らしていて、
沖縄の人達が大切にしている
宝物のような小さなキラキラした島。
観光客にやたらと来て欲しくない
守られている島なんだと感じました。

尚美さんに「ここに連れて来たかったの。」と言われ、
「ここに連れて来てくれてありがとう。」と
ただただ感謝。
疲れていた心と身体がゆっくりじんわり
ほぐされている感覚がありました。

この島に呼んでもらえた自分は
なんて幸運なんだろう!

沖縄でまた一つ、
大切な人にしか教えたくない
宝物みたいな場所が増えました。

| 島もよう | - | - | posted by yummy! - -
<< NEW | TOP | OLD>>