yummy!タナベ ユミコ News & Diary

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
毎年恒例の 12:44




今年もクリスマスに向けてシュトーレンを製作。
粉砂糖の量がハンパないので、
全身粉だらけになりますが…。
毎年恒例の自分の行事です。

その、毎年恒例の自分行事のテーマは
「人の役に立つ事をする。」。
なので、献血と募金と宝くじ購入を
12月に毎年やっているのですが、
今年は献血で看護師のミスで内出血をし、
大あざと貧血でフラフラになるという本末転倒ぶり。
人の役に立つどころか、
ミイラ取りがミイラになったような…。
自分の不器用さというか、お人好しぶりに
甚だ呆れましたが、
まあこれも自分の個性なのかも。。。
嫌な経験も全て笑って楽しい経験に
変換していきたいなあと思います。



今年はいい意味でも悪い意味でも
「人生の機微」というものを
ひたすら味わう1年でした。
長い人生の中ではきっとこれは
とても大切な経験になる気がしております。

年末は今年もみかんず
一緒にのんびり愉快に過ごしたいと思います。
みかんずをgetするのも毎年恒例行事。

今年私と仲良くしてくれた皆様、
ありがとうございました!
来年は今まで蒔いた種が芽生える
素敵な年になりますように…。






| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
フィンランド話を聴きに行く 16:26

ムーミン研究家の森下圭子さんの
講演会を聴きに飯能市立こども図書館へ。
http://www.hanno-lib.jp/institution/kodomo.html


トレッキングとピクニック以外の目的で
飯能に来るのは初めて。
天覧山の頂上で変態的な痴漢に遭遇した嫌な記憶も、
今となっては「経験値」という名の思い出。。。


映画「かもめ食堂」と
片桐はいりさんのエッセイ「わたしのマトカ」を知って以来、
森下圭子さんのフィンランド話が
ずっと気になっていたので、
フィンランド人の気質、教育、図書館事情、
いろんなフィンランドの話が聴けて
とても充実した講演会でした。

フィンランドと日本ではあまりにも価値観や生き方が違う。
「忙しい」を免罪符にする日本人とは
あまりにもかけ離れているはずなのに、
なぜかどこか似通った性質を感じる。
それは恐らく、日本人にも本来は
自然と共存して四季を受け入れて楽しみ、
自然の中から知恵を生み出す気質が
DNAの中に刻み込まれているからではないか
そんな風に感じました。

森の中の道無き道を自ら選んで進む。
たとえ道に迷ったとしても、
迷い道の中で楽しみを見つける。
なんて素敵な生き方なんだろうと思います。


39人のヘムレンさん。

ちなみに森下さんのフィンランドでの
おすすめムーミンスポットは、
ずばり「森」!
観光地ではなく、森の中で
自分自身で「ここにはムーミンがいる!」と
感じてほしいそう。

そんな所も日本人本来の「ここにカッパや天狗がいる!」と
見えない妖怪を感じる気質と似ているかも。










| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
今年のクリスマス 03:28


もう随分前に製作した人形劇用のパペット。
年に一度、図書館のクリスマス会のたびに登場し、
使い込んでるのであちこちほころびが。。。
でも、修理しながらまだまだ現役!
子ども達を楽しませてくれています。
毎年この時期は人形劇の練習と
クリスマスプレゼントを製作する日々。



フェルトでこんなのとか。。。

今年もたくさんの子ども達が喜んでくれて、
一緒にクリスマスソングが歌えて
嬉しかったー!
もらったプレゼントを人形達に「どうぞ。」する子や
サンタさんに「いいこねー。」と
頭をなでてくる子もいて、
そんな姿を見るたびに心が暖かくなります。

子ども達はみんな先生。
誰かに何かをしてあげる優しさや思いやりを
教えてもらうばかりです。
年齢を重ねるたびに心が豊かな人間になれるよう、
これからも子ども達からいろんな事を
教わっていきたいなあと思う
今年のクリスマス会でした。









| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
好きな喫茶店 23:07


以前住んでいた谷中。
引っ越した今でもこの周辺が大好きで、
特にカヤバ珈琲は学生時代から
よく通っていました。
昔はおばあちゃんが1人でやっていた
昭和な喫茶店だったけど、
おばあちゃん亡き今は
オシャレに 復活。

http://kayaba-coffee.com



カヤバ珈琲まで行く道すがら、
上野公園から美術館帰りに
もしくは上野動物園帰りに
てくてく歩いてもよし。
谷中霊園でネコを観察しながら歩いてもよし。
やなか銀座でメンチカツとビールを
飲み食いしながら歩いてもよし。
下町情緒が色濃く残っていて
歩いているだけで楽しい街です。



今はオシャレカフェ飯や
夜はバー代わりにも利用できるけど…、



名物たまごサンドは健在です。
優しいほんわりとした安心する味。

個展が終わってから体調が安定せず、
静かに過ごす日々でしたが、
そんな中、そんな私でも
会って寄り添って
ゆっくり一緒に過ごしてくれる友達。
カヤバ珈琲でそんなひとときを過ごす事が幾度かあり、
本当にありがたくて
それはまるでこのたまごサンドのように
優しくてほんわりとしたひととき。

改めて自分はたくさんのいい友達に
恵まれているなと思う。



カヤバのたまごサンドを
自分でも作ってみたいと思ったら、
レシピが載っている本を発見。
レパートリーが増えて嬉しい!













| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
旅の収穫 14:50


以前懸賞でノルウェー旅行に当選した時に
ご一緒したご夫妻。
それ以来展示に来て下さったり、
個展でお花を下さったりと
お世話になりっぱなしで、
そのささやか過ぎるお礼として
旅の思い出のノルウェーをイメージした
ポストカードをお送りした事がありました。
男の子はバイキング、女の子はブーナッドという民族衣装。
書かれている言葉はノルウェー語で
「幸せな結婚生活でありますように。」
という意味。
とても喜んで下さり、飾ってくれているみたい。

他の当選メンバーもみんな明るくて
人に親切で、忙しがらない
ゆったりとした雰囲気を醸し出していて、
ご縁を大切にしている人ばかりで、
旅の途中ではみんなのいい所を
秘かに見つける事に夢中になるばかりでした。
なるほど、みんな強運なわけだ!と。
(自分も強運者の一人ですが、
それはさておき…。)

この旅での一番の収穫は、
何よりもこういう素敵な人達に出会えて、
こうして時間が経ってもご縁が
繋がっている事だなとつくづく思う。



オスロの街ではドイツの絵本「うんちしたのはだれよ!」の
モグラくんに遭遇しました。



自分の頭の上にうんちをした犯人を
ひたすら探すお話。
子どもがゲラゲラ笑う絵本です。
こんなさりげない壁に落書きされてるなんて
ノルウェーではモグラくん結構人気なのかしら?!

これも旅のご縁の一つ。


| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
ベビーラッシュ 11:38




昨年のグループ展用に製作したベビースタイ。
実際に着用してもらうと可愛さ倍増!!
自分でも贈り物用に追加注文して
かなり重宝しております。

今年はなぜか周囲に妊婦さんが多く、
個展にも妊婦さんが10人位来場してくれ、
ギャラリースタッフの方と驚いていました。

…そういえば以前私の男の子がモチーフの原画を
購入してくれた方からも、
「この切り絵を飾ってこんな男の子が欲しい!と思ってたら、
男の子を妊娠しました。ありがとうございました!」
となぜか感謝された事を思い出しました。

…こうして書くと、
私の切り絵子宝のご利益があるみたい!
何だかスピリチュアルな謳い文句で
一儲けできそうですが。。。
多分偶然だと思います…。

でも、「鰯の頭も信心から」。
ご利益があってもなくても
誰かに暖かくて楽しい気持ちになってもらえるよう
願いを込めて製作する事は
今までもこれからも変わりないです。

来場してくれた妊婦さん全員の所に
無事元気な赤ちゃんがやって来てくれますように。
ベビースタイのネズミが
赤ちゃんを守ってくれますように…。







 
| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
きっちりやったりゆるめたり 17:03


以前お仕事のサンプルで製作したしまじろう。
切り絵のお仕事でもしまじろうをつくった時、
キャラクター製作で苦労したけど、
なかなか楽しかったです。



おべんとうも作りました。

ここ数年は羊毛フェルトの製作は
あまりフィールドを広げずに
ウエディングドールなど個人的な依頼を
細々とやってます。
お仕事のご依頼は今でも喜んでお引き受けしますが、
切り絵の表現方法を
もう少し幅を広げるのが今の課題。
きっちりやったりゆるめたり。
足し算したり引き算したり。

切り絵のやり方だけではなく、
心も身体も竹のようにしなやかに柔軟な、
そんな大人に私はなりたい。。。



最近出会ったキンカジュー。
これくらいゆるめてもいいのかも。。。



| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
久しぶりにパンを焼く 21:47


本当に久しぶりのパン作り。
こちらは完全に息抜きで、
仕事がひと段落して気が抜けてる時に
パンや煮込み料理を作るのが好きです。
いろいろ煮詰まっていたので、
今はひたすら自分をゆるめるぞー!と思ってやる事は
大体パン作り。
…休もうとしても結局手仕事をしてるので
全然ゆるめられない休みベタな性分。。。
あーあ。

今回のレシピは簡単な丸パンとシナモンロール。
試しにアーモンドを砕いたものを巻き込んでみたら
自画自賛するほど美味に!




お昼ご飯に作ったスープカレーを
体裁よく添えて。
こういう料理の写真をオシャレに撮影する
テクニックが欲しい今日この頃。



| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
自然のセンス 07:44


今年は大好きな作家の1人である
トーベヤンソン生誕100周年。
ムーミングッズが氾濫している今日この頃ですが、
本来のトーベヤンソンの理念は、
「ムーミン谷は、
No money,No car,No warなのよ。」
だそう。

つまり、利益も、文明も、戦争もない。
日々いろいろありつつも、
ただそこでひっそりと愉快に穏やかに
生きている世界観なのかなと、
ムーミンのお話を読む度に思います。

何度か訪れたことのある埼玉県飯能市の
ムーミン谷(あけぼの山子どもの森公園)は、
その理念に基づいているようで
何も派手なしかけはないけれど、
子供達の想像力を掻き立てられる
素敵な場所だなと思います。



周囲も自然がいっぱいで、
自分はただの自然の一部で、
ただただ生かされているのだなと
緑に囲まれるたびに感じる。
ムーミン谷の住人も
自然をただただ受け入れ、
謙虚に暮らしていたのでしょう。

…以前某アウトドアブランドのトレッキングイベントに
参加した時、
スタッフの人や周囲の人が「デトックス!デトックス!」
と連呼していたのを聞いて激しい違和感を感じ、
途中で気分が悪くなった経験がありました。

自然に悪いものを捨てるセンスは
私には理解ができませんが、
人間はこうして自然の中に
たくさんのものを捨てた結果、
天災が続いているのかな。。。

それとも、アウトドアのプロの人が
こういう言葉を使うのだから
自分が敏感過ぎているのかな。。。

わからなくなった時、
トーベヤンソンの物語を
読み返してみて感覚を取り戻しています。

センスは日々磨くしかない。
だからまず、自分のセンスを信じたい。





| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
久々の銀座 12:03


銀座三越の屋上に鎮座している
「出世地蔵」に会いに行きました。
出世地蔵を初めてお詣りしたのは
作家活動をまだ始めたばかりの頃。
ご利益をたくさん戴いたのに
なかなかお詣りできていなかったので、
まずはその御礼とこれからの抱負を…。

久々に見たお地蔵さんのニコニコ笑顔は
見ているとニコニコが移ってきます。
これからまた、気持ちを新たに
階段を登っていくのだ、私。



隣りにひっそり寄り添う
ミニ地蔵も可愛い!



夜は久々に野音でライブ。
ハンバートハンバートのゆるやかな音楽は、
秋の匂いにぴったりで本当に心地よかったです。
「ぼくのお日さま」の歌詞が、
まさに今の自分の悩んでいる感情を
代弁してくれていたので、
思わず涙が出そうになりしみじみ。

自分の感情をうまく伝えられなくて、
思いが溢れ出しそうになるけれど、
うまく言えなくて黙ってただ笑っている。
嫌いならNoと、好きなら好きと
はっきり言えたらいいのに…。

そう思っている不器用な人間は
世の中に意外とたくさんいるのかな。

そう思ったら気持ちが少しだけ軽くなる、
そんな銀座の一日でした。

| 日記 | - | - | posted by yummy! - -
<< | 3/7 | >>